MENU

青汁を飲んだら口臭が心配?

青汁を飲んだら口臭が心配?

青汁は毎日コップ1杯飲むだけで、簡単に野菜不足が解消できます。
そのことから仕事であわただしく食事に気を遣えない中高年の方から、家事に忙しくしている主婦の方、育ち盛りの子どもの方まで、幅広い世代に愛されています。
そんな健康づくりの強い味方の青汁ですが、昔から良薬口に苦しという言葉もあり、苦い味のイメージから口臭がどうなるか心配という声もありますね。
しかし実際には青汁を飲むことで口臭を悪くするどころか、むしろ良くすることが出来るのです。

  • 青汁に含まれるクロロフィルが口臭改善に効く?
  • 青汁の原料となる大麦若葉やケールや明日葉などの野菜には、クロロフィルという葉緑素が多く含まれています。
    この成分が気になる口臭や体臭を抑えるはたらきをしてくれるのです。
    またクロロフィルには抗酸化作用があるため歯周病予防やガン予防にもなります。
    このことからも、まさに青汁は一挙両得の飲み物だと言えるでしょう。

  • 青汁は口臭の原因になる便秘を解消することができる?
  • 青汁に含まれる不溶性食物繊維は、腸の中で水を吸い膨らむことで腸のぜんどう運動を促すはたらきがあります。
    だから便秘解消のために青汁を飲んでいる方も多く居るようです。
    便秘で腸内環境が悪くなると、口臭だけでなく体臭まで悪くなるといいますから、嫌な臭いの元を絶つために青汁を飲むのもいいかもしれませんね。

    これらのことから、健康にいい青汁が口臭予防や体臭予防にも役立つことが分かります。
    最近ではうがい薬、ガム、ミントの口臭予防シート、サプリメントなどのグッズがたくさん出ていますが、それらでの口臭改善は一時的なものに過ぎません。
    青汁なら、嫌な臭いの根本から改善することができ、健康的に続けられます。
    日頃の食事にプラスするだけで不足しがちなβカロチンやビタミン、体内でつくることの出来ないミネラル、腸内環境を改善する食物繊維まで簡単に補える青汁を、ぜひ期待して口臭予防にも利用してみましょう。