MENU

青汁の原料と栄養分って?

青汁の原料と栄養分って?

青汁って、色んな会社から出ているけれど自分に合っている青汁が分からないわという方は、青汁の原料と栄養に注目してみるといいかもしれません。
今回は青汁の原料で、最もメジャーな3種類の原料(ケール、大麦若葉、明日葉)を比べてみましょう。

  • ケールの青汁
  • ケールの青汁は、ヨーロッパで食用されているケールという野菜(キャベツやブロッコリーの仲間)で出来た青汁です。
    この青汁に含まれている栄養分は、なんといっても抗酸化作用の強いビタミンCとビタミンEです。
    ビタミンCは言わずと知れた美肌効果がある栄養ですし、ビタミンEは血行を良くし細胞の老化を防いでくれる栄養です
    その上、お通じに良いとされる食物繊維も入っています!
    以上のことから、ケールの青汁は女性からの人気が高い青汁です。
    ケールの青汁は健康だけでなく美容ために飲みたいわという方に最も選ばれています!

  • 大麦若葉の青汁
  • 大麦若葉の青汁は、その大麦「若葉」という名前からも分かるように大麦の新しい葉で出来た青汁です。
    この青汁に含まれている栄養分はブロッコリーに含まれているビタミンB2や人参に含まれているβカロテン、キャベツに含まれている食物繊維、ほうれん草に含まれている鉄分などです。
    さらには、今流行りの酵素まで入っているんです!
    これだけでも大麦若葉の青汁がいかに栄養豊富か分かりますね。
    ですから、大麦若葉の青汁は健康のために飲みたいという方に最も選ばれています!

  • 明日葉の青汁
  • 明日葉の青汁は、日本原産の明日葉という生命力の強いせり科の野菜で出来た青汁です。
    この青汁に含まれている栄養分は、体の調子を整えてくれるビタミンB1、老廃物の排出やむくみ解消やダイエットに効果があるといわれているカルコンです。
    特に明日葉の青汁に含まれているカルコンは、他の青汁には入ってない独自の栄養で内臓脂肪を減少させる効果があります。
    だから明日葉の青汁は新陳代謝を上げたい人や真剣にダイエットを考えている方に最も選ばれているのです!

    当たり前のことですが、青汁は原料がなにかで中の栄養分がだいぶ変わってきます。
    自分に目的に合った青汁選びをして、健やかな生活を送って下さいね。