MENU

青汁に含まれている成分について

青汁に含まれている成分について

青汁は緑黄色野菜の栄養をギュッと濃縮した、健康食品です。
コップ1杯からビタミンだけでなく多くの食物繊維が摂れるということで、野菜不足に悩む方やお通じが悪い方に愛飲されています。

青汁には人参に含まれるビタミンB2、キャベツに含まれるビタミンK、モロヘイヤに含まれるβカロテン、他にも様々な栄養が含まれており1杯でたくさんの栄養が補えます。
さらには、多くの食物繊維を簡単に摂取出来るんです!
だからこそ食物繊維で腸内環境を改善したいという方から、特に青汁は選ばれています。

便秘の解消にはバランスのいい食事と水分を取ることが大事と言われていますよね?
その点、青汁であれば栄養と水分を一緒に取ることが出来るのでピッタリだと思います。
他にも青汁に含まれている食物繊維は体の老廃物を外に出す毒だし効果(デトックス効果)があるため、美容やダイエットのためにも飲まれているようです。

これらのことから、青汁に含まれている食物繊維を摂ることで、以下の3つの良いことがあるということが分かりますね。

  • 腸内環境の改善
  • 美容
  • ダイエット
  • ただ青汁はお薬ではないので、飲んですぐ何か効果が出る! 何か変わる! というわけではありません。
    とはいっても人間の体は食事から出来上がっているため、健康的に飲み続けて頂いてから判断して頂きたいです。
    青汁は原材料が大麦若葉や明日葉などの葉の野菜なので、まんべんなく色んなビタミンと食物繊維を取ることが出来ます、なので期待して普段の食事にプラスして欲しいですね。

    青汁に使われている主な野菜としては、明日葉、ケール、大麦若葉、ユーグレナ(ミドリムシ)、桑の葉、よもぎ、ニガウリ(ゴーヤ)があります。
    これら100g中に含まれている有効成分をご紹介します。
    青汁を選ぶときの参考にしてみてください。

    明日葉
    ・食物繊維(g)5.6
    ・ビタミンB1(mg)0.1
    ・ビタミンB2(mg)0.24
    ・ビタミンB6(mg)0.16
    ・葉酸(μg)100
    ・ビタミンC(mg)41
    ・カルシウム(mg)65
    ・マグネシウム(mg)26

    ケール
    ・食物繊維(g) 3.7
    ・ビタミンB1(mg) 0.06
    ・ビタミンB2(mg) 0.15
    ・ビタミンB6(mg) 0.16
    ・葉酸(μg) 120
    ・ビタミンC(mg) 81
    ・カルシウム(mg) 220
    ・マグネシウム(mg) 44

    大麦若葉
    ・食物繊維(g) 47.2
    ・ビタミンB1(mg) 0.8
    ・ビタミンB2(mg) 2.03
    ・ビタミンB6(mg) 0.96
    ・葉酸(μg) 650
    ・ビタミンC(mg) 117
    ・カルシウム(mg) 500
    ・マグネシウム(mg) 190

    ユーグレナ
    ・ビタミンB1(mg) 18.1
    ・ビタミンB2(mg) 6.06
    ・ビタミンB6(mg) 1.36
    ・葉酸(mg) 0.99
    ・ビタミンC(mg) 5.00
    ・カルシウム(mg) 196
    ・マグネシウム(mg) 333

    桑の葉
    ・食物繊維(g) 52.9
    ・ビタミンB1(mg) 0.59
    ・ビタミンB2(mg) 1.35
    ・ビタミンC(mg) 31.6
    ・カルシウム(mg) 2,699

    よもぎ
    ・食物繊維(g) 7.8
    ・ビタミンB1(mg) 0.19
    ・ビタミンB2(mg) 0.34
    ・葉酸(μg) 190
    ・ビタミンC(mg) 35
    ・カルシウム(mg) 140

    ニガウリ
    ・食物繊維(g) 2.6
    ・ビタミンB1(mg) 0.05
    ・ビタミンB2(mg) 0.07
    ・ビタミンB6(mg) 0.06
    ・葉酸(μg) 72
    ・ビタミンC(mg) 76
    ・カルシウム(mg) 14
    ・マグネシウム(mg) 14

    ただし、加工方法などによっても異なりますので、あくまで参考情報としてください。